離婚や離婚や住み替え、住宅ローンが残ってる家を売る方法

家の売却を考える時、まず頭に浮かぶのは不動産会社ではないでしょうか?やはり土地と建物の専門家は不動産屋さんですよね。でも不動産屋さんに相談する前に、やっておきたいことがあります。まずは簡単に流れを確認してみましょう!

最初にやっておきたいことは、家の「相場」を把握すること。”この家だったらだいたいこのくらいで売れそう”というある程度の目安があると、今後不動産会社が提示してきた価格を判断する材料になります。

ある程度の相場を調べたら、不動産会社に物件価格の査定を依頼しましょう。査定を依頼しながらこれから付き合う良い不動産会社を探します。

不動産会社に仲介を依頼することになったら「媒介契約」を交わし、物件を売り出してもらいます。順調に購入希望者が見つかり話がまとまれば、買い手と「売買契約」を結び、代金の受け取りと同時に物件引き渡しとなります。最後に不動産会社に仲介手数料を支払います。

かなりざっくりとした流れですが、不動産会社を通して不動産を売却する場合は、基本的にこのような順序になっています。

ペットを飼っていたマンションを売る時は売却価格は下がるの?

マンション売却

今では、多くのは分譲マンションではペット飼育可能になっています。しかし、ペットと一緒に暮らしていると、どうしてもペットの臭いが部屋に付いたり、部屋に傷が付きやすくなったりします。そのため、ペットと暮らしていたマンションを売却するときには、臭いと傷に注意して売却しないと高く売れない場合があります。