家の売却前にハウスクリーニングをしたほうが良い理由と料金相場

家を売る時には購入を検討している見学者に、少しでも家を綺麗に見せておく必要があります。

そこで悩んでしまうのが室内をマンション売却前にハウスクリーニングするべきかという点です。結論をいうとハウスクリーニングは必須です。ただし、まずは自分自身でハウスクリーニングをしてみて、それでも汚れが落ちなければハウスクリーニング業者に依頼するという流れで良いでしょう。

なお、共用部については、自分の力だけで改善するのは難しいので、部屋の中の専有部分を少しでも良く見せる努力をしましょう。

ハウスクリーニングをしたほうが良い理由

中古物件は、見学者も「ある程度は劣化している」という前提で見学にきます。そのため、よほど気になる汚れでない限りは、見学者も一定の理解を示す場合が多いです。

ただ、競合物件に新築マンションがある場合には、見学者は「キレイさ」を求める可能性が高いので注意しましょう。

特に以下のような点に差を感じやすいです。

  • 外壁やバルコニーなどの外観の劣化
  • エントランスや外部廊下など通常良く利用する共用部の汚れ
  • 自転車置き場やゴミ捨て場など、頻繁に利用する共用部の汚れ
  • 部屋の中の独特の臭いや生活感
  • 部屋の中のクロスやフローリング、水周りなどの劣化
[/list]

上記のような点は、どうしても新築のモデルルームと比べてマイナスポイントです。

新築マンションの販売は、モデルルームをつくるか、新築マンションの建物内で販売する場合が多いです。いずれの場合も、非常にキレイに作りこまれているため、マンションに求める「キレイさ」のレベルが上がりやすいのです。

もしハウスクリーニングをしなかったら

ハウスクリーニングをすると費用が掛かるので出来ればやりたくないとお考えの方も多いと思います。少しでも費用を掛けずに高く売りたいですよね。実際に家を売る場合に、ハウスクリーニングをすることは義務ではありません。きれいに使っていたのでハウスクリーニングをしなくても良い場合もあるかもしれません。

しかし、いくらきれいに使っていても、人によっては臭いや汚れが気になる方もいますので、家を高く、しかも早く売りたいのであればハウスクリーニングは絶対にする方が良いでしょう。

何故ならハウスクリーニングをするとしないでは、内覧時の第一印象が大きく変わるからです。

ハウスクリーニングをしないと内覧の際に生活臭がする、汚れが気になるなど買い手の購買意欲が上がらず、中々買い手が見つからないことが多いです。

また、ハウスクリーニングを買い手側でするのでその分売買価格を下げてほしいと言われることもあります。

値引きの材料にされてしまう

家を買う側からすると少しでも安く買いたいと思いますので、何か値引きの材料になるものはないか常に探しています。
内覧の際にハウスクリーニングをしておらず、壁紙が汚れていたり、タバコの臭いが残っていると買い手側からすると良い交渉材料になります。

ハウスクリーニングは、部屋の状態、広さによって価格は変わりますが、2LDK~3LDKだとキッチン、バス、トイレなどの水回り、フローリング、クロスなどすべて込で5万~10万ですが、値引き交渉をする場合、10万以上要求されることも多いです。
そうなると結果的にハウスクリーニングをしないことで損をしてしまうことになります。

売却に時間がかかってしまう

家を買うよりも金額の安い、賃貸で家を借りる場合でもハウスクリーイングをしていないと中々部屋は決まりません。高額な家を買う場合であれば、買い手もより目が厳しくなりますので売却に時間が掛かってしまう原因になります。

では、ハウスクリーニングをしていないとどういった点が問題になるのでしょうか。

ハウスクリーニングをしていない場合に一番気になるのは臭いです。いくら消臭剤を置いたり、部屋を空けて空気を入れ替えても、住んでいた人の生活臭、タバコの臭い、ペットを飼っていた場合はケモノ臭といったものが残っており、臭いに敏感な人でなくても気になります。
次に気になるのは汚れですね。
クロスや床に汚れやほこり、ゴミがあったり、トイレやバスなどの黄ばみは非常に印象が悪いです。
ハウスクリーニングをしても新品になるわけではありませんが、専用の薬品を使って掃除してくれるので通常掃除するよりも数段きれいに仕上がりますし、臭いもほとんどなくなります。
ハウスクリーニングをすることで、部屋の印象が良くなれば早期売却につながります。

ハウスクリーニングをすべき場所

ハウスクリーニングは、結論としては部分的に行った方が良いケースが多いです。

冒頭でも書きましたが、まずハウスクリーニングを依頼する前に、自分自身で掃除してみましょう。自分自身で掃除してみて、どうしても汚れが落ちない部分をハウスクリーニングに依頼するという流れをお勧めします。
特に以下の点は重点的に行いましょう。

玄関のホール

最初の印象が変わってくるので、特に床面の黒ずみは落としておきたい

リビング・ダイニング床

最も検討者が重視する場所がリビング・ダイニングなので、劣化が見えない程度でクリーニングをしたい

玄関のホール

最初の印象が変わってくるので、特に床面の黒ずみは落としておきたい

リビング・ダイニング床

最も検討者が重視する場所がリビング・ダイニングなので、劣化が見えない程度でクリーニングをしたい

キッチン周り

女性が特に重要視する場所。水垢・換気扇の汚れがたくさんあると不潔感が漂う

トイレ・浴室

キッチンと同じく水周りに関係には敏感。

バルコニー

バルコニーは意外と出ない方も多いので、床面が汚れている可能性大。見学者は景色を見るために、ほぼ必ずバルコニーには出るため床面の掃除は必須

各クロス

汚れもそうだが一番は臭い。クロスが臭いを吸収しているケースが多い

布製品

クロスと同様臭いが染みつきやすい個所。市販の消臭・抗菌スプレーは忘れずに

ハウスクリーニング箇所と料金相場

もし、前項のことを受け、ハウスクリーニング業者に依頼しようと考えた場合には以下の箇所がクリーニングする箇所になります。

  • フローリング
  • クロス
  • キッチン・浴室・トイレ
上記の中でも、特にキッチン・浴室・トイレの水まわりは、女性や家族連れの方が気にするポイントです。なぜなら、水まわりは「衛生面」が非常に気になる箇所だからです。水まわりに、水垢があったりカビが生えていたりすると、「使い方が雑」と思われてしまうのです。

以下に、それぞれの箇所の料金相場を紹介します、ただ、料金はクリーニング業者によっても異なりますので、あくまで目安として認識ください。実際には、複数のクリーニング業者の価格を見比べて、クリーニング業者を決定した方が良いです。

フローリングのクリーニング料金相場

フローリングのクリーニングは、水拭きをした後に乾拭きをするという簡易なクリーニングが多いです。ワックスが塗られている場合が多いので、薬品を使用するとワックスが剥がれしまうことが理由です。また、フローリングのクリーニング相場は6畳で1万円前後と認識しておきましょう。

そのため、70㎡の全部屋(廊下などを除く)のフローリングをクリーニングすると、5万前後の料金がかかります。特にペットや小さいお子さんがいると汚れやすいので検討してみましょう。

クロスのクリーニング料金相場

クロスのクリーニングは、乾拭きしてから専用の洗浄剤でクリーニングするという流れになります。料金相場は、1㎡500円~が最低単価です。たとえば、12畳程度のリビング・ダイニングであれば、クロス1面の面積は10㎡~15㎡ほどです。

そのため、リビング・ダイニングにクロス1面のクリーニングは5,000円~7,500円程度になります。クロスのクリーニングもフローリングと同様、ペットや小さなお子さんがいると汚れやすいです。

また、たばこの煙や料理の臭いも染みつきやすいので、その点も踏まえて検討しましょう。

水まわりのクリーニング料金相場

水まわりのクリーニング料金相場は以下の通りです。

  • キッチン:2万円~5万円
  • 浴室:3~5万円
  • トイレ:2~3万円
[/list] キッチンは、シンク、コンロ、収納、換気扇に分けてクリーニングしますので、クリーニング箇所によって価格は変動します。特に水垢や油汚れがひどいときにはクリーニングは検討した方が良いです。

浴室に関しても、壁、床、鏡、浴槽、換気扇に分けてクリーニングします。ただ、浴室のクリーニングは、小分けにするのではなく、まとめてクリーニングすることが多いです。トイレに関しても、便座はもちろん、壁や床面全てクリーニングします。

ハウスクリーニング業者の探し方

上記のように自分で掃除しても、汚れや臭いがどうしても落ちない場合には、ハウスクリーニング業者に掃除を依頼しましょう。とは言え、ハウスクリーニング業者はたくさんあり、どこの会社にハウスクリーニングを依頼して良いか分からない方も多いです。

そんな時には、ハウスクリーニング比較サイトの利用をお勧めします。

このサイトは100社以上のクリーニング業者と提携しているので、それらのクリーニング業者に一斉に見積もり依頼をして、比較検討する事ができます。

掃除をしてくれる個所は、フローリング、レンジフード(換気扇)、浴室、窓・サッシ、エアコンなど多岐に渡ります。そのため、自分で掃除をしても落ち切らなかった所だけ、ピンポイントでハウスクリーニングの見積もり依頼をしてみましょう。

ハウスクリーニングは数万円程度から行う事ができます。勿論、例え数万円でも決して安い金額ではありません。

しかし、「家」は1千万円単位である高額な商品なので、数万円~10数万円程度であれば物件価格に上乗せしても十分に売る事が可能なケースも多いです。

そのため、まず自分で掃除して、足りないところをハウスクリーニングで見積もり依頼をすること。そして、その見積もり額を物件価格に上乗せしても問題ないと判断した時にハウスクリーニングを正式に依頼すると良いでしょう。

家を高く売りたいなら不動産一括査定は絶対必須

複数の会社に査定依頼をする時は不動産一括査定サイトのイエイがお勧めです。このサイトは一度物件情報を入力すれば複数の不動産屋に査定依頼ができます。イエイは、数ある不動産一括査定サイトの中でもトップクラスの不動産会社数を誇ります。 査定依頼できる不動産屋が多いという事は、それだけ自分の家を高く売ってくれる不動産屋に出会える確率が高いという事です。