家に住みながら売るのと空室の状態とではどっちが早く売れる?

家を売却する時には購入検討者に家を見せなければいけません。

見学希望者とアポを調整して、実際に家を見てもらい、検討するかの判断をしてもらうのです。その時に家に住みながら売却することも可能ですが、それにはメリット・デメリットがあります。

空室と住みながらはどっちが早く売れる?

家を売る場合に、実際に多いのは住みながら売るケースです。

やはり、売れる目途を建ててから新居の購入を進める方が安心できますし、空室にしてから売るとなるとダブルローンや借り換えローンなど住宅ローンの支払いの負担が増えてしまいます。

そもそも家に住みながら売却するのは普通の事で、家を空き家状態にしてから売却する方が少ないです。

なぜなら、家を空き家状態にするという事はもう一軒家があるという事だからです。

「実家に帰る」などの選択肢を選ばない限りは、売ろうとしている家と住んでいる家の両方のコスト(家賃やローン支払いなど)がかかってきます。

そのため、通常の家の売却は住みながら行う事がほとんどです。だからこそ、不動産会社のアポ調整能力や見学者への配慮をするための部屋の工夫が必要になってくるのです。

しかし、実際に家を売るには空室の状態の方が売れやすいケースが多いです。

なぜ空室の状態の方が売れやすいのか

家に住みながら売るとなると、不動産業者に鍵を預けることが出来ず、内覧時に売主が立ち会わないといけないので立会の時間調整が難しく内覧数が減ったり、内覧時に部屋の中が散らかっていると購入意欲に影響するので毎回片付けが必要であるといったデメリットが多くあります。

逆に空室の場合はそういったデメリットが無いため、不動産会社に鍵を預けることが出来るので内覧者の数も増え早く売れることになります。

やはり家を早く売る為の近道はいかに多くの人に見てもらえるかが重要です。

資金的に余裕がある方でしたらやはり空室の状態で売り出す方が早くそして高く売ることが出来ます。

空室で家を売るメリット

では、空室で家を売る場合のメリットはどういったものがあるでしょうか。

  • 不動産会社に鍵を預けることが出来る為、不動産会社が内覧の時間調整などを行いやすいので内覧者が増える。内覧者が売主に気を使わずにゆっくりと見ることができる。
  • テーブルやタンスなど物が置かれていないので、買主が家具の配置などイメージしやすく、部屋が明るく広く見える。
  • 人が住んでいるとどうしても住んでいる人の生活臭がしますし、ゴミなど散らかっているとその家のイメージダウンに繋がるが空室で家を売る場合はそういったことがない。

空室で家を売るデメリット

家を早く売るには空室の方が良いと言われていますがデメリットもあります。

  • ダブルローンや買い替えローンを組む必要があり、住宅ローンの支払が2重になったり増額になる為資金面での負担が大きくなる。
  • 引越し先が遠方の場合だと不動産会社に任せるしかないので、きちんと営業活動をしてくれているかのチェックや内覧者の数などタイムリーに情報を入手することが出来ない。

もちろん家に住みながら売却するメリットもある

家に住みながら売却するメリットは以下の通りです。

  • もう一つの家との住宅コストがダブルでかからない
  • 環境が変わらない
  • 案内の状況をリアルタイムで知る事ができる

もう一つの家との住宅コストがダブルでかからない

これは先ほども言った通りです。

そもそも空き家にするという事は、もう一つの住宅コストが発生している可能性が高いので、そのコストが無い点がメリットの1つ目です。

環境が変わらない

「環境が変わらない」という点は、今の家に住み、日常生活を送りながら部屋の案内が出来るという事です。

確かに見学者が来る時に家を空けたり、接客の準備をしたりする必要はありますが、基本的にはいつもと同じような生活が送れます。

また、もし家の売却を断念した時にもそのまま住み続ければ良いので楽です。仮に仮住まいを探して今の家を空き家にしてしまったら、自分の家が売れなかった時に仮住まい費用が無駄になってしまいます。そういう意味でも環境が変わらないというメリットは大きいです。

案内の状況をリアルタイムで知る事ができる

「案内の状況をリアルタイムで知る事ができる」に関しては、実は大きなメリットと言えます。

見学者が家を見学している時には、入居者である売主が部屋にいる時といない時があります。

これは不動産会社と相談する事が多いですが、基本的には決まりがなく部屋にいてもいなくても、どちらでも構わないです。

しかし、特に「部屋にいる」ケースですが、不動産会社の案内を直に見られるので、売主自ら検討者の反応が感じ取り易いです。自分の家を売っていて、検討者の反応が鈍ければ価格を下げたり、広告物を変更したりという対策をとります。

その対策を取る時に売主が住みながら売却していると、検討者の反応を感じやすいので、的確な判断がしやすいのです。

勿論、住みながらではなく仮住まいに入居している時でも案内を見る事が出来ますが、見学のアポが入る度に、今住んでいる家からわざわざ移動するのは手間になります。特に今住んでいる家と売却中の家が離れていたら尚更です。

家に住みながら売却をするデメリット

家に住みながら売却するデメリットは以下の通りです。

  1. アポがとりにくい
  2. 部屋が狭く見える
  3. 生活感を感じる
  4. 見学者も遠慮してしまう

アポがとりにくい

家に住みながら売却する最大のデメリットは「アポの取りにくさ」にあります。

家が空き家であれば、自分の都合が悪くても不動産会社に鍵を預けるなりの対策をすれば、比較的いつでも見学者を案内出来るのです。

部屋が狭く見える

家に住みながらの売却だと、当然家具や家電があります。

そのため、空き家の時と比べると家具や家電があるお蔭で、床面の露出が少ないです。床面は多く見えるほど広く見えますので、空き家の時と比べると部屋が狭く見えるというデメリットがあります。

生活感を感じる

「生活感」は特に新築物件を並行して検討している方が感じやすいです。

中古物件のネックとしては、「劣化具合」や「設備が古い」の他に「生活感がある」と言う点が挙げられやすいです。具体的に言うと、前の入居者独特の臭いや、設備などの使い方の癖です。

新築物件を検討している人は、新築物件を売るために不動産会社が造った綺麗なモデルルームを見ています。だからこそ、ただでさえネックになりがちな上記の点が目に見えたデメリットになりやすいのです。

そのため、住みながらの売却だとモロに「生活感」が出てしまうので、ネックになりやすいのです。

この生活感を全て払拭するのは難しく、入念な掃除や換気など見学者が来るごとに対策を行う必要があります。

見学者も遠慮してしまう

入居者がいるという点で、見学者も遠慮してしまいます。

例えば、入居者が住んでいるという事はクロゼットにも洋服が入っていますし、お風呂やキッチンなどの水周りも通常通り使用しているという事です。

当然、家具や家電も利用していますので、新築のモデルルームのように自由に見る事が出来ません。

クロゼットを勝手に開けるのにも遠慮しますし、リビングにあるソファに座るのも、入居者がいると中々出来ないのが心情です。そうなると、部屋をリラックスして見学出来ない事になってしまうので、検討度合いが深まらないまま見学が終わってしまう事もあります。

冒頭に言ったように、家を売却する時には住みながら売却する事が多いです。

しかし、上記のような売却中のデメリットがあるのでこれらを払拭するような対策を事前に取っておく事が大切です。

住みながら家を売る時の注意点

空室の状態の方が家は早く売ることができますが、実際には住みながら家を売る人の方が多いと思います。

住みながら家を売る場合のデメリットをいかに排除することが出来るかが重要になります。

デメリットには、内覧のアポが取りにくい、部屋が狭く見えてしまう、生活感を感じる、売主がいると見学者が遠慮をしてしまうといったものがあります。

では、住みながら家を売るにはどういったことに注意すれば良いでしょうか。

内覧のアポに出来るだけ対応する

内覧のアポが取りにくいとなると内覧者の数が減ってしまいます。その為、不動産会社からの連絡には出来るだけ対応できるようにする必要があります。

例えば、家が売れるまでは極力誰かが家にいるようにする、親類や信頼できる隣人に鍵を預けて代わりに立ち会ってもらうなどし内覧者を増やす努力が必要になります。

不要な物は捨てるなど部屋の片付けを行い出来るだけ部屋をスッキリさせる

どうしてもテーブルやタンスが置いていると部屋が狭く感じてしまいます。

仕事をしながら家を売るとなると部屋を片付けるのも中々大変ですが、第一印象はやはり重要なので、ゴミを片付けるなどは最低限行い、不要なタンスや大型家電など引越しの際に捨ててしまうようなものは極力処分する方が良いでしょう。

手間は掛かりますが、内覧がある際は食器類や歯ブラシや洗面用具なども見えないところに片付けてしまい、モデルルームのようなイメージを出すことで生活感を感じさせない空間づくりをするのも有効です。

内覧前はカーテンを開ける、窓を開け空気の入れ替えを行う。

内覧の際に気になるのが温度と臭いです。

北側の部屋だと寒い冬などはカーテンを閉め切っていると温度が下がります。内覧の15分くらい前にはカーテンを開けて日光を入れるようにしましょう。

次に、人が住んでいるとその家の臭いがあったり、食事の後で臭いが残っていたりすると内覧者もあまりいい気がしません。内覧の5分くらい前には窓や玄関の扉を開けて空気の入れ替えを行いましょう。

内覧者が来る際は子どもやペットは外に連れ出す

内覧時にはあまり人が多いと内覧者が気を使いゆっくりと見ることが出来ないので、子供やペットがいる場合は外に連れ出し静かに内覧できる環境を作りましょう。

内覧時にはあまり売主側から話せずに質問に答えるぐらいのほうが良いと思います。

いつでも掃除をして生活感を感じさせないようにする

実際には色々と生活しながら内覧者に対応するので中々生活感を感じさせないというのは難しいかもしれませんが、モデルルームのような部屋にすることが出来ればやはり家を売るのに有利になります。

その為には出来るだけ不要な物は排除し、テーブルの上やキッチン、洗面所などに置いているものも一時的に隠すなどすることで生活感を消すことが出来ます。

内覧者の数が多いと毎回片付けるのは大変かもしれませんが、出来るだけ使うものを減らして、使うものだけ置くようにするなど工夫をすると良いでしょう。

やはり、買主はマイホームを購入するのに夢を持って来られますので、生活感満載の片付いていない家を見せられると購買意欲も減少してしまいます。少しでも購買意欲を上げてもらうためには手間は掛かりますが生活感を感じさせない工夫が必要です。

家を高く売りたいなら不動産一括査定は絶対必須

複数の会社に査定依頼をする時は不動産一括査定サイトのイエイがお勧めです。このサイトは一度物件情報を入力すれば複数の不動産屋に査定依頼ができます。イエイは、数ある不動産一括査定サイトの中でもトップクラスの不動産会社数を誇ります。 査定依頼できる不動産屋が多いという事は、それだけ自分の家を高く売ってくれる不動産屋に出会える確率が高いという事です。