家や土地を売る時には、何に注意すればよいでしょうか。相場を知ることや複数の不動産屋に査定依頼をすること。そして、諸費用はどのくらいかかるのか知る事などが大切になります。それらの事を事前に知っているかどうかで、家を高く早く売ることができるかは変わってくるのです。

より高く家を売るための注意点

1.家や土地の相場を知る

まずは、家の相場を知ることです。調べ方については「家を売るときの相場の調べ方」の記事を御覧ください。

相場価格を知る事が出来れば、次項で説明する土地の査定額も理解しやすくなります。そうなると結果的に、自分の家を高く早く売ってくれる不動産会社に出会いやすいです。

自分自身で、家や土地の相場を調べるためのお勧めの方法は「REINS Market Information(レインズ)」を利用する事です。このサイトを利用すれば、マンションでも一戸建てでも直近の成約事例を調べる事が出来ます。

REINS Market Informationとは

REINSが不動産会社のみ成約事例や売り出し事例を調べる事が出来るのに対し、REINS Market Informationは本来不動産会社しか閲覧できないレインズと近しい情報を見る事が出来ます。
REINS (レインズ)公式サイトはこちら

但し、このサイトを利用する際は「検索エリアが広い」という点は注意しましょう。エリアが広くなっているので、検索をした後は自分自身で自分のエリアに近しい物件をピックアップする事が重要です。

相場をより詳しく知りたい方は不動産の一括査定を利用しましょう。

家を高く売りたいなら不動産一括査定は絶対必須

複数の会社に査定依頼をする時は不動産一括査定サイトのイエイがお勧めです。このサイトは一度物件情報を入力すれば複数の不動産屋に査定依頼ができます。イエイは、数ある不動産一括査定サイトの中でもトップクラスの不動産会社数を誇ります。
査定依頼できる不動産屋が多いという事は、それだけ自分の家を高く売ってくれる不動産屋に出会える確率が高いという事です。

2.複数の不動産屋に家や土地を査定してもらう

つづいて、複数の不動産屋に家や土地を査定してもらいましょう。

査定をする時には一社だけではなく、必ず複数の不動産屋に査定依頼をするようにしましょう。理由は以下になります。

  • 一社だけだと、査定額に説得性があるかの比較検討が出来ないから
  • 一社だけだと、その一社が苦手なエリアの場合に高く売れない可能性があるから
  • 複数の会社から査定額を聞けば、自分の中で知見が養われ、相場価格がより精査されるから

不動産屋が算出する査定額は、周辺の成約事例参考にします。

そのため、前項でお話した通り、前もって周辺の成約事例を頭に入れておく事が大切です。そうすれば「この会社の査定額の根拠は曖昧である」などの不動産屋の見極めがしやすくなるからです。
ちなみに、不動産一括査定サイトは私も利用したこともある「イエイ」がおすすめです。

3.媒介契約書についてきちんと理解する

不動産一括査定サイトで複数の不動産から物件の査定をしてもらうと、家を買ってくれる人を探す「売却活動」をお願いする不動産会社を選ぶ必要があります。

じゃあ、どこにお願いすればいいのかって話になりますが、単にお願いするだけではなく、「あなたの会社に売却をお願いしますよ」という契約を不動産会社と結ぶ必要があります。

その契約書を媒介契約書といいますが、大体の不動産会社の営業マンはしれっと「この契約書に印鑑をお願いします」という感じで出してきます。
ここでこの契約書は何なのかという説明をキチンとしてくれる営業マンであれば、この不動産はかなりの高評価です。

さて、この媒介契約書が何なのかといいますと、媒介契約書は内容によって3つの種類があります。

専属専任媒介契約

家の売却を1社にしか頼めない。自分自身で家を買いたい人を見つけてくるのもNG。

専任媒介契約

家の売却を1社にしか頼めない。自分自身で家を買いたい人と見つけてくるのはOK。

一般媒介契約

家の売却を複数社に頼むことができる。自分自身で家を買いたい人を見つけてくれるのもOK。

多くの不動産会社の営業が「専属専任」か「専任」の媒介契約書のハンコを押させようとする

「専属専任」か「専任」の契約を結んでくれれば、その契約を解約しない限り、必ず自分の会社が契約の手数料を獲得することができるため、多くの不動産会社の営業は「専属専任」か「専任」の媒介契約書のハンコを押させようとするとするのです。

全ての不動産会社の営業がそういった姑息な手を使うことはありませんが、媒介契約書に3種類あることが知らない売り主はいいカモなので覚えておいて損はありません。

4.家を売るときかかるお金を知る

不動産会社に査定依頼をして不動産会社を選定したら、諸費用についても理解しておきましょう。詳しくは「家を売る時に掛かる諸費用」にまとめてあります。

この掛かる諸費用を理解しておかないと、いざ物件が売れた時にも「予想以上に諸費用が掛かり売却金額では賄えなった」という状態になりかねません。そうなると、手持ち資金から諸費用を捻出せざるを得なくなります。

家を売る時にかかる諸費用は以下の通りです。

仲介手数料

仲介手数料は、物件価格(税抜き)によって手数料は以下の通り違いがあります。

物件価格200万円以下 物件価格×5%
物件価格が200万円超 物件価格×4%+2万円
物件価格が400万円超 物件価格×3%+6万円

上記で算出された金額に消費税が掛かりますので注意しましょう。

登記関係費用

つづいて登記関係費用です。登記関係費用は「抵当権抹消費用」と「司法書士報酬」がかかります。抵当権抹消費用とは、金融機関が設定している抵当権を抹消するために必要な登録免許税になります。
※登録免許税額の詳細は国税庁ホームページをご覧ください。

抵当権抹消登記は基本的には司法書士に依頼します。その司法書士にお礼として支払う金額も諸費用の中に含まれる金額になります。

印紙税

売買契約書を締結する際に必要になる税金です。印紙税については仲介手数料と同様、税抜き物件価格によって金額が以下のように異なります。

税抜き物件価格が500万円から1,000万円以下 印紙代1万円(5千円)
税抜き物件価格が500万円から1,000万円以下 印紙代2万円(1万円)
税抜き物件価格が5,000万円から1億円以下 印紙代6万円(3万円)
税抜き物件価格が1億円から5億円以下 印紙代10万円(6万円)

()内の金額については軽減措置です。詳細は国税庁ホームページをご覧ください。