マンション売却に関する費用が知りたい!不動産の基礎知識まとめ

今住んでいるマンションを売却して、新しい物件の購入費用に充てたい、だれも住んでいない物件がもったいないから売却して、ほかの人に使ってほしいなど、マンション物件の売却を考えているかた、どれくらい費用がかかるか気になりませんか?売れれば大きな利益がもたらされる可能性が高いのがマンション売却ですが、だからこそ、かかる費用や手続きがあります。具体的に、ドンナ費用が必要なのか、まとめてみました。

マンション売却にどれだけのお金がかかるのか?

マンションを売って、利益をが出ることはうれしいことですが、同時に売主が支払わなければならない諸経費も発生します。今回は、発生する諸経費を司法書士に支払う報酬、物件のクリーニングにかかる資金、同じく物件のリフォームにかかる資金に的を絞って紹介します。

マンションを売り出すために力になってくれる司法書士、物件のお手入れは、ある程度は削れない大切な費用になります。実際いくらかかるのか、みていきましょう。

1.司法書士に払う報酬

マンション売却の際には、必ず登記業務を行わなければなりません。自分でできるものもあるのですが、実際には、金融機関とのお金の貸し借りもありますので、司法書士というプロに相談しながら登記を行わなければなりません。そのため、まずは司法書士に支払う報酬額を見てみましょう。

1.所有権の譲渡

マンション売却する際には、現在、物件となるマンションを所有している売主さんから、新しく購入された飼い主さんのもとへマンションの主有権を移転する手続きが必要となります。これが所有権移転登記で、各物件の課税標準価格によって、司法書士に支払う費用は異なってきます。

おおよその目安ですが、課税標準価格が500万円以下の場合に支払う司法書士費用は、24,000~30,000円の間、1,000万円~2,000万円の間の課税標準価格では、30,000~34,800円の間ほどとなっています。4,000万円以下の場合でも50,000円以下の間になります。

ただし、各地域によって司法書士に支払う金額に差がある場合もありますので、お住まいの地域の司法書士事務所への問い合わせが必要となりますので注意しましょう。

2.抵当権の抹消登記・設定登記

抵当権とは何かと言いますと、金融機関でローンを組んで不動産の購入を行うときに、もしもローンを払えなくなった場合には、銀行が住宅を差し押さえることができるという権利のことです。

最初に住宅ローンを組むときに、本人がローンを組むに適格かどうか、必要書類はちゃんとそろっているかなどを司法書士がチェックして認められてはじめて、融資がとおるようになっています。なので、住宅ローンを組むとき位は必須の手続きとなります。

同じように、マンションを売却する場合には、この抵当権を抹消しなければならないので、また司法書士に手続きしてもらうことが必要になるのです。費用も10,000円以下でできる司法書士事務所もあるので、いちど相談のうえ、見積もりを出してもらいましょう。

3.住宅ローン借り換え登記

ローンを組んだ人が、より返済に有利なローン(返済金g買うが少なくなるなど)にへ変更することを借り換えといいますが、新たな借入先からの融資によって残ったローンを完済することになるため、抵当権設定登記と抵当権抹消登記を同時に申請する必要があります。

この時も、司法書士に活躍してもらうことになるため、司法書士への報酬が発生します。抵当権抹消登記や設定登記に加え、調査費用などの諸経費もかかるので14~15万円ほどかかる場合もあります。

2.マンション売却時のクリーニング費用

マンションを売却する際、物件がなんの問題なく、美しい状態でいられるかどうかが非常に重要になります。したがって一般的にマンションを売りに出す際には、クリーニングをすることが多いです。その際にかかる費用はいくらなのかかかるのでしょうか?

部屋の状態によってはお金がかかる

もしも、マンションのお部屋が空室で目立った汚れもない場合には、自分でお部屋を掃除すればすみますので、費用は限りなく0円に近くなります。空室でもクリーニングが必要となる場合もありますが、その場合でも7~8万円ほどで済むでしょう。

しかし、入居中のお部屋を売却したい場合には、お風呂やトイレ、キッチンなどの水回りを中心にクリーニングが必要となる場合もあるため、ある程度のお金が必要となります。相場としては、1ルームで30,000円前後、トイレ・浴室のクリーニングで10,000円前後、3LDKでも10万円前後くらいの費用を用意する必要があるといわれています。

3.マンションをリフォームするときの費用

売りに出す物件によっては、クリーニングだけではなく、リフォームが必要になる物件もあります。
リフォームする箇所によっても費用は変わりますが、どれだけの金額をよいすればよいのでしょうか。

水回りはお金がかかる!

リフォームの場合には、リフォームする箇所によって値段に違いがあります。マンションの床を張り替える場合には、約50万円ほどかかります。リビング・ダイニングルームで平均50~100万円ほどです。水回りのリフォームとなると少し料金がかかり、トイレでは、面積が小さいこともあり、20万円以下で済む場合もありますが、本格的にリフォームを行うと、100万円かかる場合もあります。

お風呂でも、100万円前後かかるのが一般的です。キッチンでは、もしも最新のシステムキッチンにリフォームする場合を考えると、100万円から高くて300万円するものもあります。クリーニングと違い、リフォームは総額で数百万円かかる場合もあるので、リフォームした物件が売れた場合に、手元にプラスの利益となってきちんとのこるのか、よく確認してから踏み切ることが必要となります。

売却にかかる費用をうかせるには?

マンション売却は、順調にすすめば売主に大きな利益をもたらしてくれるものだけに、どうしても必要になる経費を把握し、売却前のクリーニングなど、自分で行えるところは自分で行うことで抑えられる費用は押さえることも大切です。

また、法律もかかわってくるので、ふだんの生活ではあまりお世話になることの少ない司法書士さんとの相談など、不慣れな作業が続きますが、信頼できる司法書士さんとの相談で、売却に関する不安は少なくなります。

物件の売却にかかる費用を査定できるサイトを利用したり、信頼できる不動産屋さんとの相談で、納得できる売却益がでるように、備えましょう!