【賢い土地活用の方法とは】損しないための税金対策&有効利用術

土地は持っているだけで税金が発生してしまい、使わずに放置しておくとどんどんマイナスになってしまいます。土地の有効利用は税金対策にもなり、収入が得られることもあります。土地活用方法の種類とメリット・デメリット、注意点などについてご紹介します。

土地活用の方法とは

土地を所有していると、毎年必ず「固定資産税」を納めなければいけません。都市計画区域内にある土地では、「都市計画税」も支払う義務があります。持っているだけではマイナスになってしまう土地も、何らかの方法で「活用」すれば、節税対策や収益を得ることが期待できます。

土地活用の方法には様々な種類があり、一度に大きな収益が得られるものや、長期間に渡って安定した収入を望めるものなどがあります。多額の初期投資が必要となるものもあるので、土地活用に着手する時点での経済状況によって、選択するべき方法も左右されます。また、その土地の立地条件や周囲の環境によっても適した活用法は異なります。

自分の代だけのことを考えるのではなく、長い目で見て、次の代に相続する際になるべく負担をかけないような形で土地などの資産を残すことも考えておく必要があります。

眠っている土地を活用したい人に役立つ情報です

都会では土地の需要も価値も高いため、使わない土地は高額で売却することもできますが、田舎では誰も住まない古い家や土地、作り手のいない田んぼや畑、境界線が定かではない山などはなかなか売ることもできず、放置している場合も多いようです。

使うことのない土地でも、相続すれば「相続税」が発生し、その後も土地を所有する限り「固定資産税」を払い続けなければいけません。放置しておけばすぐに雑草だらけになてしまうので、住宅地や農地などの場合は、周囲に迷惑をかけないように定期的に草刈りなどの手入れが必要となり、大きな負担になってしまいます。

使用していない土地を所有している人や、この先そういった土地を相続する可能性のある人は、税金で損をしないように、また、できればその土地の特徴を生かして収益を得ることができるように、税金対策と土地活用の方法について、メリットやデメリットも含めてしっかり知識を深めておきましょう!

長らく空地として眠らせてしまっている土地や、なかなか買い手を見つけるのが難しい土地でも、ただ遊ばせておくだけでは税金面でのデメリットが避けられません。定期的なメンテナンスや掃除など、土地を管理するだけでも手間がかかって仕方の無い事もあります。そんな土地をなんとか活用する方法は無いかと考える人も多いでしょう。今回は土地活用方法と、活用時のコツについてチェックしていきましょう。

税金対策に有効な方法は?

土地は「更地」の状態が一番固定資産税や都市計画税が高くなります。

マイホームやセカンドハウス、賃貸マンション(住宅用)などを建てると、固定資産税は小規模住宅用地(200m2以下の部分)で1/6に、一般住宅用地(200m2以上の部分)で1/3になる特例が受けられます。

また、都市計画税は小規模住宅用地で1/3に、一般住宅用地で2/3に軽減されます。このことから、長期間更地のままにしておくよりも、何らかの住居用の建物を建てたほうが税金対策としては有効になります。

家を高く売りたいなら不動産一括査定は絶対必須

複数の会社に査定依頼をする時は不動産一括査定サイトのイエイがお勧めです。このサイトは一度物件情報を入力すれば複数の不動産屋に査定依頼ができます。イエイは、数ある不動産一括査定サイトの中でもトップクラスの不動産会社数を誇ります。 査定依頼できる不動産屋が多いという事は、それだけ自分の家を高く売ってくれる不動産屋に出会える確率が高いという事です。