ペット(犬や猫)を飼っていたマンションは売却価格が下がる?高く売却する方法と注意点

ペットを飼っている方は、ペット可のマンションを選んで住むことになりますが、仕事や家庭の事情でマンションを売却しなければいけない時もあるでしょう。

ペットと一緒に暮らしていると、どうしてもペットの臭いが部屋に付いたり、部屋に傷が付きやすくなったりします。そのため、ペットと暮らしていたマンションを売却するときには、臭いと傷に注意して売却しないと高く売れない場合があります。

しかし、マンションを高く売却するために、どのような点に注意して対策を施せばよいのか、ペットを飼っていた部屋独自の注意点について悩みやすいところです。

また、不動産会社の探し方についても、一般的な業者を選ぶのではなくペット関連に強い業者を探す必要があります。

ペットを飼っていてマンションを高く売却したいと考える方に向けて、高く売却するために必要なポイントと、いくつかの注意点についてご説明します。

犬や猫などペットを飼っているマンションは売却価格が下がりやすい

マンションの売却価格が下がる要因は、一般的に築年数や立地条件などが関係しています。そのため、ペットを飼っているマンションについて、価格への影響がどの程度あるのか分かりにくい側面もあります。

まずはペットに関する事象で、何が原因となり売却価格が下がるのか覚えておきましょう。

売却価格が下がる原因は主に床の傷や臭い

ペットを飼っていたマンションで問題になるのは、ペットの臭い(獣臭)や糞尿などの臭いが残っている、ペットがつけた傷が残っているといった状態です。

仮に次の買主がペットを飼う予定であれば、ペットの臭いや傷に理解があることが多いので、ある程度は許容してくれることもありますが、ペットを飼わない場合は、特に臭いが問題になります。また、いくらキレイに使っているつもりでも細かい傷はついてしまいます。

特に臭いに関して、住んでいる人自身あまり気にならない傾向になるため、売却時に気付かないままになる可能性もあります。

その為、一般的にペットを飼っているマンションは売却価格が下がることや、リフォーム費用分の値下げを要求されることが基本です。

マンションでペットを飼う場合には、売却時に価格が下がることを理解した上で、そこから高く売却するためにできることを積み上げていきます。

ペットを飼っていたマンションを高く売却する方法

マンションでペットを飼うということは、どうしても臭いや傷がマイナス要素となります・ですので、ペットを飼っていたマンションを高く売るには、ペットを飼う前と同じ状態にすることが必要です。

しかし、ペットを飼う前の状態にすることは、簡単な話ではありません。

場合によってはリフォームなども検討することになりますが、その分費用が掛かるため高く売却できても手元に残る利益が少なくなります。

高く売却することが難しいことを理解した上で、売主ができる改善方法や準備について覚えておきましょう。

ペット好きな買主を探す

臭いがきつくハウスクリーニングをしても取れそうにない、フローリングの傷が深く床の張替えが必要だといったような状態も珍しくありません。

また、リフォームやハウスクリーニングは、思わぬ費用がかかることもあり、高く売れても費用のために利益が少ないリスクも生じます。

その場合は、DIYなど自身でリフォームをして住みたい、ペットを飼う予定であるといった買主に限定して不動産会社にお願いするという方法もあります。

買主探しに時間はかかりますが、ペットを飼っていない方に売り出すよりも、少しの値下げで済みます。

しかし、一番重要なのは、ペットを飼っていたマンションの売却に関して、得意な不動産会社を探すことです。

家を売るにしても不動産会社によって得手不得手があります。

ペット関連に強い不動産業者を探す

不動産会社によっては、ペットを飼っていたマンションを売却するのを得意としている不動産業者もあり、そういった不動産業者を探すには、「イエイ」「イエウール」といった不動産一括査定サイトを使うと良いでしょう。

イエイ

イエイは、サイト利用者が300万人を超える日本最大級の不動産査定一括サイトです。最短60秒入力で最大6社の査定を即日無料で提供してくれます。提携業者は1000社以上です。

イエウール

イエウールは、提携業者が全国1200社以上の日本最大級の不動産一括査定サイトで、こちらも簡単60秒入力で最大6社の一括査定依頼ができます。

どちらもペットを飼っていたマンションを売却する際にも、広く利用されているのでおすすめです。

ペットの臭いをとるために換気やクリーニングを徹底する

ペットの臭いに関して、マンション売却前にやっておきたいことは以下の点です。

・クロスに臭いが付いているかを確認する
・布製品のクリーニング
・内覧前の換気

クロスに付着している臭いは、見逃しやすいので注意です。クロスは素材的に臭いを吸収しやすく、ペットの臭いが強く残っていることもあります。

クロスに臭いが付いている場合は、まずは自分で市販の「クロスクリーナー」でクリーニングしてみます。

また、クロス以外の布製品にも臭いは付きやすいです。

そのため、できれば内覧の予約が入るたびに洗濯をしたり、布製品の消臭剤を散布したりしておきましょう。一時的な対応としては、消臭剤での対応だけでも、見学者の印象は全然違います。

それでも臭いが消えない可能性があるため、以下の記事でもご紹介しているように、ハウスクリーニングについて検討するのがおすすめです。

ペットがつけたフローリングの傷も修復する

ペットの爪によって床や壁に細かい傷はついてしまいます。

特にフローリングには爪の跡は目立つため、一般的に内覧時の第一印象は良くありません。

そのため、傷がひどい場合は補修してみましょう。フローリングの補修に関しては、市販されているグッズがたくさんあります。

しかし自分で補修しても目立ってしまう場合には、床の張替えも考えなければいけません。

フローリングは、部屋の端から1枚ずつ重ね合わせて構築されています。そのため、フローリングの一部分だけ張替えるにしても、大掛かりな工事になるので一定の費用が掛かるのがネックです。

人件費などもかかり6畳の部屋の張替えでも、10万円程度の予算が必要になります。

少しでも費用を抑えるためには、お掃除本舗で見積もりを取るのがおすすめです。

また、張替え費用を「値引き対応」という形で、対応するのも手段の一つです。値引き対応で用意しておくと傷を気にしない人が購入した場合、補修や張替え費用を負担する必要がなく、購入者によって費用負担を選択できるようになります。

内覧前から換気を常時しておく

内覧前には必ず換気を行いましょう。日々生活していると、ペット関係なく家庭独特の臭いが付きやすいだけでなく、こもりやすいです。

そのため、遅くとも内覧者が来る30分ほど前には、換気をしておきましょう。換気をしておくだけで、部屋の中に充満していた独特の臭いを多少抑えることが可能です。

また、ペットの臭いについても事前の消臭作業と合わせて、気にならない程度まで和らげることも期待できます。

また内覧日当日は、ペットと外に散歩するのもベストです。猫や犬が得意でない物件見学者も気兼ねなく部屋を見学できるだけでなく、細やかな心遣いが高評価に繋がる可能性もあります。

必ず高く売却できる訳ではないので様々な状況を考えておく

ペットを飼っていたマンションは、対応の仕方を間違えると普通のマンションを売るよりも売却価格が大きく下がってしまいます。

特に、臭いや傷は外観や生活をする上で、マイナスポイントとして捉えられやすく売却価格に影響します。

そのため売却の際は、ハウスクリーニングやリフォームなどで、臭いや傷を消すことも可能です。売却価格を上げることができますが、臭いがひどい・傷が深すぎるといったことで費用が多くかかる場合もあります。

費用と補修で悩むところですが、予算の確保が難しい・売却価格との差益が少ない見込みであれば、別の方法を考えましょう。

別の方法とは、ペット関連に強い不動産会社に依頼し、売却価格の底上げを行うことです。そして、ペット関連に強い不動産会社を探すためには、イエイやイエウールなど提携業者の多い不動産査定一括サイトを利用するのおすすめです。

4 COMMENTS

マンション売却のための内覧前の準備とハウスクリーニング・リフォームの必要性 | 我が家の売却体験記「家を売る人へ」

[…] そのため、70㎡の全部屋(廊下などを除く)のフローリングをクリーニングすると、5万前後の費用がかかります。特に「ペットを飼っていた(飼っている)マンションを高く売る方法」にも書いてあるようにペットや小さいお子さんがいると汚れやすいので検討してみましょう。 […]

返信する
家の売却前にハウスクリーニングをしたほう良い理由と費用の相場 | 我が家の売却体験記「家を売る人へ」

[…] そのため、70㎡の全部屋(廊下などを除く)のフローリングをクリーニングすると、5万前後の費用がかかります。特に「ペットを飼っていたマンションを売る時の注意点」にも書いてあるようにペットや小さいお子さんがいると汚れやすいので検討してみましょう。 […]

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください