犬や猫などペットを飼っていたマンション売却する際の注意点

今では、多くのは分譲マンションではペット飼育可能になっています。しかし、ペットと一緒に暮らしていると、どうしてもペットの臭いが部屋に付いたり、部屋に傷が付きやすくなったりします。そのため、ペットと暮らしていたマンションを売却するときには、臭いと傷に注意して売却しないと高く売れない場合があります。

犬や猫などペットを飼っているマンションは売却価格が下がる?

マンションを売る際にペットを飼っているマンションは売却価格に影響があるのでしょうか。

ペットを飼っていたマンションで問題になるのは、ペットの臭い(獣臭)や糞尿などの臭いが残っている、ペットがつけた傷が残っているといった状態です。

仮に、次の買主がペットを飼う予定であれば、ペットの臭いや傷に理解があることが多いので、ある程度は許容してくれることもありますが、ペットを飼わない場合は、特に臭いが問題になります。

ペットを飼っている場合、いくらキレイに使っているつもりでも細かい傷がついていたり、特に臭いは住んでいる人はあまり気にならない傾向にありますので売主が気付かないこともあります。

その為、一般的にはペットを飼っているマンションは売却価格が下がる、リフォーム費用分の値下げを要求されるといったことになります。

マンションでペットを飼う場合には、売却時に価格が下がることを理解した上で飼わないと売る時にそんなはずではなかったということになります。

ペットを飼っていたマンションを高く売却する方法

では、ペットを飼っていたマンションを高く売るにはどうすれば良いのでしょうか。

ペットを飼うことで臭いや傷がマイナス要素となりますので、ペットを飼っていたマンションを高く売るにはペットを飼っていない状態と同じ状態にすれば良いということになります。

その為、ペットの臭いをとる、柱や床についた傷を修復するなどリフォームやハウスクリーニングをする必要があるのです。

しかし、臭いがきつくハウスクリーニングをしても取れそうにない、フローリングの傷が深く張り替えが必要だといったような状態であれば思わぬ費用がかかることもあり、状態がひどい場合は、リフォームやハウスクリーニングにかかる費用以上に高く売れないと結果として損をすることになります。

その場合は、DIYなど自身でリフォームをして住みたい、ペットを飼う予定であるといった買主に限定して不動産会社にお願いするという方法もあります。そうすることで時間は少しかかるかもしれませんが、そのまま売り出すよりも少しの値下げで済み高い価格で売ることができます。

しかし、一番重要なのは、ペットを飼っていたマンションの売却依頼をする際にそういった不動産を売却するのが得意な不動産会社を探すことで、同じ家を売るにしても各業者によって得手不得手があります。

ペット関連に強い不動産業者を探す

ペットを飼っていたマンションを売却するのが得意な不動産業者はあるのでしょうか。

不動産会社によっては、ペットを飼っていたマンションを売却するのを得意としている不動産業者もあり、そういった不動産業者を探すには、「イエイ」「イエウール」といった不動産一括査定サイトを使うと良いでしょう。

イエイ

イエイは、サイト利用者が300万人を超える日本最大級の不動産査定一括サイトです。最短60秒入力で最大6社の査定を即日無料で提供してくれます。提携業者は1000社以上です。

イエウール

イエウールは、提携業者が全国1200社以上の日本最大級の不動産一括査定サイトで、こちらも簡単60秒入力で最大6社の一括査定依頼ができます。

どちらもペットを飼っていたマンションを売却するのが得意な不動産業者を探す際にも広く利用されています。

ペットを飼っていたマンションを売却するのが得意なペット関連に強い不動産業者を見つけることが家を高く売る為の近道です。

ペットの臭いは必ずとってから売却手続きをする

ペットの臭いに関して、マンション売却前にやっておきたいことは以下の点です。以下をやるかやらないかで売却価格が大きく変わってきます。

  • クロスに臭いが付いているかを確認する
  • 布製品のクリーニング
  • 内覧前の換気
まず、意外と盲点なのが、クロスに付着している臭いです。クロスは素材的に臭いを吸収しやすいので、ペットの臭いが付いている場合は多いです。

仮にクロスに臭いが付いているようであれば、まずは自分でクリーニングしてみましょう。

市販の商品で「クロスクリーナー」のような商品が売っていますので、それを活用してクリーニングすると良いです。

また、クロス以外の布製品にも臭いは付きやすいです。

そのため、できれば内覧の予約が入るたびに洗濯をしたり、布製品の消臭剤を散布したりしておきましょう。一時的な対応としては、消臭剤での対応だけでも、見学者の印象は全然違います。

ペットがつけたフローリングの傷も修復する

ペットがいると傷もできやすいです。特にフローリングには爪の跡がつきやすく、物件見学者の印象は悪くなってしまいます。そのため、傷がひどい場合にはまずは自分で補修してみましょう。フローリングの補修に関しては、市販されているグッズがたくさんあります。

自分で補修しても目立ってしまう場合には、最悪の場合、床の張替えも考えなければいけません。

ただ、フローリングは、部屋の端から1枚ずつ重ね合わせて出来ています。そのため、フローリングの一部分だけ張替えるにしても、割と大掛かりな工事になります。

そうなると、人件費がかかり6畳の部屋の張替えでも、10万円程度の費用がかかってくることが多いです。

そのため、ハウスクリーニングの比較サイトで見積もりだけ取っておくと良いでしょう。

仮に、購入検討者がどうしても気になるのであれば、その張替え費用を「値引き対応」という形で対応するのも手段の一つです。値引き対応で用意しておけば、気にならない人が買ってくれれば補修費用や張替え費用はかかりません。

ペットがいる家の内覧会で注意すること

まず、内覧前には必ず換気を行いましょう。

生活していると、マンションにはその家庭独特の臭いが付きやすく、こもりやすいです。そのため、内覧者が来る30分ほど前に、数分間でも良いので換気をしましょう。それだけで、部屋の中に充満していた独特の臭いは和らぎます。

ペットがいるなら一層換気した方が良いです。

また、ペットは内覧会をしているときには外に散歩させるなりしておくのがベストです。

猫などはケージに入れておくなどしておくと、物件見学者も気兼ねなく部屋を見学できます。

まとめ

ペットを飼っていたマンションは、対応の仕方を間違えると普通のマンションを売るよりも売却価格が大きく下がってしまいます。特に、臭いや傷が残っていると売却価格に影響します。

売却の際はハウスクリーニングやリフォームをするなどして臭いや傷を消すことで売却価格を上げることができますが、臭いがひどい、傷が深いなど費用が多くかかる場合はリフォームやハウスクリーニングをするか悩むところです。

そういった場合は、やはりペット関連に強い不動産会社に依頼することで、家を高く売ることができます。

ペット関連に強い不動産会社を探す為には、イエイやイエウールなど提携業者の多い不動産査定一括サイトを利用すると良いでしょう。

不動産一括サイトの査定を参考にし、ペット関連に強い不動産会社を探すことがマンションを高く売る為のポイントとなります。