【不動産買取と仲介の違い】それぞれの売却完了までの流れ

家を売却する時には「買取」と「仲介」という2つの方法があります。「仲介」の方は聞いたことはあるけど「買取」は初めて聞いたという方も多いのではないのでしょうか。通常の売却は「仲介」で行いますが、場合によっては「買取」を行う方もいます。

不動産仲介とは

仲介はその名の通り、「売主」と「買主」を仲介する事を言います。不動産会社が、売主から「この家を売却してください」という依頼を受け、その不動産会社が買主を探してきます。

購入検討者が現れたら価格や引渡時期などの交渉をして、折り合いがつけば契約となります。このように、仲介を担当する不動産会社が間に入り、売主と買主を繋ぐ取引形態を「仲介」と言います。

仲介の流れ

家の売却完了までは以下のような流れになります。

家を売る流れ
  • 物件の査定額を算出する
  • 売却を依頼する不動産会社を選定し、「媒介契約」を締結する
  • 売却活動を行う
  • 価格や引渡時期の交渉をする
  • 申込、契約を行う
  • 物件の引渡を行う

一連の流れはこのような流れになります。

不動産買取とは

買取とは不動産会社が家を買い取る事を言います。仲介との違いは「買主」です。仲介の場合は、プロである不動産会社が仲介して、「一般の個人」が買主になります。

一方、買取の場合にはプロである不動産会社が自ら家を買取ります。不動産会社は家を買取った後はそのまま再販するか、リノベーションなどを行い再販します。

買取の流れ

家の売却完了までは以下のような流れになります。

家の売却完了までの流れ
  • 買取価格の査定
  • 不動産会社と申込、契約
  • 引渡

後ほど話をしますが、仲介と比べて非常に簡易的になります。そのため、時間もかからずに家を売却する事が出来ます。

仲介と買取のメリット・デメリット

前項までで仲介と買取の概要が分かったと思うので、大体の違いもお分かり頂けたかと思います。しかし、詳しい違いについては、それぞれのメリット・デメリットで比較をした方が分かりやすいので、次項で説明をします。

仲介のメリット
  • 相場よりも高値で売れる可能性がある
仲介のデメリット
  • 売却期間が長くなる時がある
買取のメリット
  • 広告をしないので周囲に売却している事を知られない
  • 短い期間で現金化できる
  • 瑕疵担保責任を負う必要がない
買取のデメリット
  • 相場よりも安い金額で売却になる

仲介と買取はどちらが高く売れるのか

価格については「仲介」の方が有利です。買取は不動産会社が再販するため、相場以下で買い取らないと不動産会社に利益が出ません。そのため、相場価格の7~8割程度での金額になります。買取をする際の唯一にして最大のデメリットが、この「価格」になります。

一方、仲介は市況と周辺環境次第ですが、相場以上の価格で売れる場合もあります。少なくとも普通に売却していれば相場の7~8割まで価格が下がることは少ないです。

仲介と買取の売却期間はどっちが有利なのか

売却期間については「買取」の方が有利です。仲介だと売却期間にもよりますが、大体査定をしてから引渡まで5か月~半年程度かかることが多いです。

一方、買取だと不動産会社が相手なので現金で購入することが多いです。

また、不動産会社なので引っ越しの準備もいりません。つまり、売主の準備が整い次第買取が実行できるという事です。そのため、売主が引越先も決まっており、引渡に関する諸手続きが完了している場合には1週間程度で引渡を完了させることも可能です。

また、買取は不動産会社が買い取るので、チラシやネット掲載などの広告活動をする必要はありません。そのため、周囲に知られることなく家の売却が出来るという点もメリットの一つです。

瑕疵担保責任について

家を売ると、瑕疵担保責任というものが売主に課せられます。瑕疵担保責任を簡単に言うと「瑕疵(欠陥)があった場合、売主が一定期間責任(賠償金の支払いや補修費用の負担など)を負う」という事です。

瑕疵担保責任を詳しく知りたいという方は下記の記事をお読みください。

家を売る前に知っておきたい瑕疵担保責任・危険負担について

民法上は、買主が瑕疵を発見してから2年以内に通知をすれば、売主は瑕疵担保責任を負うことになっています。

但し、それだと売主の責任がいつまで経っても無くならないので、通常は売主と買主が合意の元、引渡から半年~1年程度経過すると瑕疵担保責任は消えます。

しかし、その期間「仲介」では瑕疵担保責任を負うというリスクがあります。ただ、買取は相手が「不動産会社」になるので瑕疵担保責任は免除されます。これも買取のメリットと言えます。

結局は仲介・買取のどちらが良いか?

結論から言うと、「仲介」の方が良い場合が多いです。やはり、買取では相場の7~8割まで価格が下がってしまうので、非常に大きなデメリットになるというのが理由です。

しかし、「早く現金化しなければいけない」や「周囲に知られずに売却したい」などの、特別な事情がある時には買取を選択するメリットもあります。

まとめ

仲介と買取の違いがお分かり頂けたと思います。どちらもメリットとデメリットがはっきりしているので分かり易いと思います。通常は「仲介」で考えておき、前項で言ったような事情がある方のみ「買取」も平行して考える事をお薦めします。

今は、「仲介(通常の売却)」も、「買取」も、一緒に査定を出してくれる仲介会社はたくさんあります。買取も視野に入れている方は最初にどちらも査定依頼をしておいて、価格を見比べる事をお薦めします。