レインズというシステムが誕生してから、不動産流通業界は透明性が増したといわれています。逆にレインズが誕生する前は、「地元」の不動産会社が物件情報を牛耳っていたともいえます。そんなレインズの仕組みや不動産の検索方法について、自分の物件を売却する前に知っておきましょう。

レインズとは?

結論からいうと、レインズは不動産会社しか閲覧できないネットワークシステムなので、一般人は見ることはできません。レインズとは、Real Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)の略称です。

具体的には、過去の成約物件や現在売り出している物件を閲覧でき、売り出し物件であればチラシなどをダウンロードできます。レインズが誕生した背景には以下のようなことがあります。

  • 不動産の査定額の根拠がない
  • 売り出し物件を水平展開する
  • 不動産の記録としてストックできるシステムをつくる

主たる目的は、冒頭で少し触れたとおり「不動産流通業界の透明化」です。レインズができる前までは、不動産が欲しいときは、そのエリアの不動産会社までわざわざ足を運ぶ必要がありました。しかも、自分の物件を売却したくても、査定額の根拠があいまいだったのです。

それは、不動産会社ですら、全ての売り物件を把握しているワケではなかったからです。もっと平たくいうと、不動産会社ですら、「相場は良く分からない」という状態だったということです。そのため、レインズというシステムをつくり、成約物件をストックすることで査定額の根拠をつくりました。また、売り物件を水平展開することで、不動産の流通性を高めたのです。

また、不動産会社はレインズに登録する義務があります。ただし、売主と「一般媒介契約」を結んだ場合には、レインズに登録する義務はありません。一方、専任媒介契約と専属専任媒介契約を結んだ場合には、レインズへ登録する義務が発生します。レインズに登録すると「登録証明書」が発行されるので、専任系の媒介契約を結んだ売主は、不動産会社に登録証明書を見せてもらいましょう。

レインズで不動産検索

先ほど、レインズは一般人には利用できないといいましたが、実はレインズに似た機能があるREINS Market Informationというサイトがあります。このサイトはレインズのデータと同様のデータがストックしてあるので、次のような手順で成約物件を調べることができます。

  • 検索したい物件種類を指定
  • 検索したいエリアを指定
  • 広さや最寄り駅で絞り込む

上記の手順を踏めば、自分の調べたい物件情報を検索することができます。ただし、通常のレインズと比較すると、売り物件や広告が見られてなかったり、情報量が少なかったりと、若干の違いがあります。しかし、一般人が自分の物件の周辺成約事例を調べたいのであれば、問題なく調べることができるのです。自分の物件を査定する前に成約事例を見ておくと、不動産会社の査定額が頭に入ってきやすいです。
REINS Market Information

家を高く売りたいなら不動産一括査定は絶対必須

複数の会社に査定依頼をする時は不動産一括査定サイトのイエイがお勧めです。このサイトは一度物件情報を入力すれば複数の不動産屋に査定依頼ができます。イエイは、数ある不動産一括査定サイトの中でもトップクラスの不動産会社数を誇ります。
査定依頼できる不動産屋が多いという事は、それだけ自分の家を高く売ってくれる不動産屋に出会える確率が高いという事です。