「家を高く売りたい」

家の売却を考えているなら誰もが思う事です。家を売る時には色々なお金も掛かりますし、ローンを組んでいる場合には、家の売却金額でローンを返済しなくてはいけません。

もし、家の売却金額でローンを返せなければ、手持ち資金をローンの返済に充てる必要があります。

家を高く売るにはいくつかコツとポイントがあります。意外と知られていない事ですが、家を売る前には「家を売る時の注意点」の記事も含めて必ず知っておきましょう。

家を高く売る方法

とりわけ大事なのは以下の3つです。

  1. 複数の不動産屋に家を査定してもらう
  2. 売り主も努力する
  3. ハウスクリーニングをする

では、大事な3つのポイントも含めて詳しく紹介していきます。

1.必ず複数の不動産屋に家を査定してもらう

家を高く売るために一番大事なポイントは、複数の不動産屋に家を査定してもらう事です。

基本的には家の査定は、「周辺事例比較法」という、周辺で実際に成約した事例をピックアップして査定をします。そのため、不動産屋が家の査定をする時には、大体同じ事例を基に査定をする場合が多いです。

しかし、不動産屋によって、その事例の捉え方が異なるので査定額には違いが出てきます。そのため、1社にしか査定依頼をしないと、その1社が出してきた査定額が精度の高い額かの判断ができないのです。

家を高く売りたいなら不動産一括査定は絶対必須

複数の会社に査定依頼をする時は不動産一括査定サイトのイエイがお勧めです。このサイトは一度物件情報を入力すれば複数の不動産屋に査定依頼ができます。イエイは、数ある不動産一括査定サイトの中でもトップクラスの不動産会社数を誇ります。
査定依頼できる不動産屋が多いという事は、それだけ自分の家を高く売ってくれる不動産屋に出会える確率が高いという事です。

不動産査定は値引き前提の価格なので注意が必要

査定してもらう際に覚えておきたいポイントは、「査定額は、値引き交渉を前提とした金額」であるという点です。つまり、複数の不動産屋に査定を依頼し、その中で最も高い金額をつけてくれた会社と契約したとしても、その金額で売れるとは限らないということです。

買う側としては、買いたいと思った物件がなるべく安い価格で手に入れられるに越したことはありません。結果として値引きできなかったとしても、一度は交渉しておきたいと思うものです。

一方、売る側としてはなるべく高い価格で売りたい。こうなると、売る際には予め高めの金額を提示しておき、値引き交渉が入った時点で気持ち程度値下げをするという方法を取るわけです。

このようにすれば、買主としても値引きしてもらえたお得感が出るだけでなく、売る側も、相場よりも納得のいく価格で売ることが可能になります。

査定額が値引き交渉前提の価格だとしても、その査定額のままで売りたいと思うなら、値引き交渉に応じないという選択肢を取ることも可能です。

ただし、相場よりも金額が高いと買主がなかなか見つからない場合もありますので、長期戦を視野に入れておいてもよいでしょう。

一戸建てとマンションでは建物の耐久年数が違う

不動産価格を査定する際には、耐久年数が何年かどうかも重要な判断基準になります。同じ築年数の一戸建てとマンションなら、どちらが高い金額になるのでしょうか。

結論から申しますと、値下がりしにくいのは一戸建てよりもマンションの方です。これは、木造建築一戸建ての耐久年数が20~30年であるのに対し、マンションであれば35~45年の耐久年数が期待できるからです。

一戸建ての場合は、マンションと違って土地の価格も考慮された価格となりますので、家が建っているエリアの地価なども調べておくとよいでしょう。

2.室内の状態によってはリフォームもする

物件を高値で売るためには、買い主になる可能性のある人が内覧した場合に良い印象を与えることも大切です。

例えば、築年数が経った物件を売りたい場合。
ある程度こぎれいにしてある部屋と痛みが至るところに現れている部屋では、どちらが買う気になるでしょうか。もちろん、前者の方が印象は良い上、大幅な値引き交渉に応じなくても契約成立する可能性が高くなります。

後者の場合は印象が落ちてしまうだけでなく、「リフォームが必要だから」という理由などをつけられ、大幅な値下げ交渉をされやすい状態でもありますね。

リフォームすれば家は高く売れるの?」にも書いてありますが部屋の印象を上げるためには、特に痛みや汚れが目立ちやすい水回りを中心にクリーニングするとよいでしょう。

依頼箇所の数や広さにもよりますが、水回りの部分クリーニングをする場合は、3~5万円程度でプロへ依頼できます。金額的にもさほど負担はかからないので、いっそのこと部屋全体をクリーニング依頼するのもひとつの手ですね。

3.時間に余裕を持って戦略的に売却する

「家を少しても高く売りたい」という理由の他に「早く売りたい」という優先事項も売主様によってはあると思います。

売りに出して1〜2週間ほどで売れてしまう場合もありますが、基本的には3〜4ヶ月は契約をするまでの時間としては見ておいたほうが良いと思います。

あまりにも早く売れてしまう場合はラッキーだといこともありますが、売値が安すぎたという可能性もあります。

そして契約が終わった後も実際にお金が入ってくるというのは「決済」というお金のやり取りもあります。

売主も引越し先を見つけたり家の買い替えを行ったり、買主も銀行のローン査定などでも時間がかかりますので、マンションの売買契約と決済の間には1ヶ月ほどの期間がかかることが一般的です。

つまり他のものを売るのと違い、マンションや一戸建てなどの不動産を売却するためには売りに出してから4〜5ヶ月程度の時間がかかることが多いのです。

あなたの家を買い取ってくれる買主さんを見つけるには時間に余裕をもって不動産会社がしっかりと広告活動をして多くの人に売りたい家の存在をしってもらい、たくさんの買主候補に家を内覧してもらうことが大切なのです。

4.スケジュールを把握する

家を売ると考えるからには理由がありますよね?例えば、

  1. 子供部屋が足りないので今の家を売り、その資金を元に新しい家を買う。
  2. 両親と同居することになったので、実家が不要になった。

(1)の場合、今の家を売って得る代金が次の家を購入する元手になるわけですから、家が売れないことには次へ進めません。次の家の購入を急ぐのか?それとも今の家が売れるまでゆっくり待てるのか?または元手がいくら必要なのかなどによって、売却の方法や希望価格が変わってくるということです。

(2)の場合はどうでしょう?今あなたが住んでいるところに両親が来るだけなので実家の売却は急がないという場合、時間を掛けて買い手を探せますね。でも、実家が古く老朽化が進んでいるようなら早く処分した方が良いケースもあるかもしれません。

このように、家を売ることを思い立った動機によって、売却までのスケジュールや売り方が変わります。

早く家の買い替えをしたいけど思った以上に希望価格で売れない!そうこうしている間に買う予定だった家が他の人の手に!なんてことになったら、全ての予定がズレてしまいます。まずはしっかりしたプランニングとスケジュール作成が大切なのです。

5.売り主も努力する

家を高く売る時には売主も色々と努力しなければいけません。

売主として意識しなければいけない一番のポイントは、家の見学日程の調整です。購入検討者はチラシやネットなどを見た後、気に入った家があれば見学の希望を不動産屋に伝えます。

その希望日時が人によっては平日の夜であったり、休日の朝であったりします。日程調整が中々難しい日もあると思いますが、極力調整して見学者の時間に合わせましょう。あくまで購入見学者は「お客さん」であるという意識を持つことが大事です。

そのため、特に売り出しはじめの集客が多い時期は、土日は空けておくなど購入検討者を向かい入れる体制を取っておきましょう。

できる限り掃除する&片付ける

特に購入検討者の第一印象である「玄関」は大事なポイントです。いかに第一印象を良くするかと言う点は、家を高く売るための大事なコツになるので覚えておきましょう。

勿論、玄関以外の場所も綺麗に掃除をして片付けておき印象を良くしましょう。

  • 玄関の電気は点けておき、なるべく明るくしておく。足元ライトなどもあれば、より効果的
  • 玄関付近には、コート掛けなどの背の高いモノを置くと狭く見える。もしある場合は奥に片づけておく
  • 玄関にはスリッパを用意しておき、ウエルカム感を演出する
  • 廊下の電気も点けておき明るさを演出する
  • リビング・ダイニングはなるべく床に物を置かない。床面を多く見せた方が広く見えるため
  • キッチン、トイレ、お風呂の水周りは特に掃除をしておく。特にキッチンは片づけておく
  • バルコニーも、最低限床面だけは綺麗にしておく。外用のスリッパも用意しておく
  • 見学者が来る前に、玄関も含め全て換気しておく。家独特の臭いをなくしておく

大変ではありますが、見学者のアポが入るたびに掃除をし、上記のような事をしておきましょう。それが家を高く売るためのコツです。

押し売りしない

家は押し売りをして売れるものではありません。金額も高いですし、エリアや設備、築年数、向き、広さなど色々な要素があります。そのため、一つのポイント(例えば金額交渉など)だけを強引に推して検討者に勧めても、逆に「押し売りされている」と思われて、引かれてしまう場合もあります。

見学者が家を見ている時は、なるべく不動産屋の営業担当者だけに任せておきましょう。

理想は、見学者が家の中を見ている時に、売主は家の中にいない事です。最初だけで見学者を出迎えて、後は不動産屋の営業マンに任せておきましょう。

そうすれば見学者も気兼ねなく家を見られますし、家の住人がいたら言えない本音も営業マンには言うかもしれません。些細な事ですが、このような事も家を高く売るためには大事なポイントになります。

6.可能であればハウスクリーニング(掃除)もする

中古の家を検討している人は、新築も並行して検討しているケースが多いです。

新築の綺麗なモデルルームを見た後に中古を見ると、どうしても見劣りしてしまいます。そのような事を防ぐために、上述したような掃除や片付けなど小さい工夫をする事が大切です。

しかし、自力では落ちない汚れはどうしても出てきます。特に、女性の方はキッチンの汚れや換気扇の汚れ、トイレ・お風呂の水周りの汚れには敏感です。しかも、これらの場所は素人の掃除では、中々落ちにくい個所でもあります。

そんな時には、ハウスクリーニング(掃除)も検討してみましょう。例えば、浴室のクリーニングや換気扇(レンジフ―ド)のクリーニングなどは1万円台から依頼できます。

また、このハウスクリーニング費用も、査定額と同様に会社によって異なってきます。

そのため、ハウスクリーニングも一括査定サイトを利用しましょう。お薦めサイトは「スバット」というサイトです。このサイトは100社以上のハウスクリーニング業者と提携しており、一括査定も1分程あれば出来てしまいます。ズバットで複数の会社を見比べた上でハウスクリーニングをするか判断しましょう。

少しでも有利に売るポイント

価格交渉に応じる姿勢をもつ

中古物件を売却する時には、大抵の場合、購入検討者からの価格交渉が入ります。この価格交渉に関しては、粘り強く相手の交渉に応じる姿勢を持ちながら進めましょう。

例えば、3,490万円で売り出していた物件があったとして、自分の中では3,300万円までは価格交渉に応じると決めていたとします。

その時に、いきなり3,200万円での価格交渉があったとしても、すぐには断らずに、交渉の余地を相手に残すようにしましょう。購入検討者も、「最初は大きく値引き交渉をしよう」という思惑があるので、「3,200万円にならないと絶対に買わない」とまでは思っていない事が多いです。

そのため、粘り強く交渉を重ねていけば3,300万円のラインまで相手が妥協してくれる可能性も十分あるのです。

買主の要望に応える

価格の交渉をしつつ、ある程度買主の要望には応えてあげましょう。例えば、良くある要望としては以下のような要望です。

  • 引渡時期を早めて欲しい
  • 指定した家具を置いていって欲しい
  • 夜にもう一度見学させて欲しい
  • 手付金は100万円にしてほしい
  • 契約日は平日の夜にしてほしい

など、時間に関することやお金に関することが多いです。勿論、要望に応じられない事もありますが、あくまで買主は「お客様」ではありますので、極力要望には応じてあげましょう。ある程度要望に応じていれば価格交渉でも優位立つことができます。

売却を急いでいる場合は不動産に家を買取してもらう

借金の返済やその他の理由でいつまでに売却しないといけないという時期が差し迫っている場合は、不動産会社などに家を買い取ってもらうこともできます。

この場合相場の金額よりも2〜3割程安くなってしまいますが一度「この家を買います」と不動産会社が言えば、個人のお客さんのように「やっぱり購入をやめます」と言い出すことや「ローンの審査が取らなかったので契約を白紙に戻してください」などと言われることはありません。

つまり、急いで売却をしたい場合はどうしても高く売る機会を逃してしまいがちなのです。
詳しくは「損?得?不動産業者に家を「買取」で売却するメリットとデメリット」にも書いてありますので、気になる方は一度読んでみてください。

家を高く売りたいなら不動産一括査定は絶対必須

複数の会社に査定依頼をする時は不動産一括査定サイトのイエイがお勧めです。このサイトは一度物件情報を入力すれば複数の不動産屋に査定依頼ができます。イエイは、数ある不動産一括査定サイトの中でもトップクラスの不動産会社数を誇ります。
査定依頼できる不動産屋が多いという事は、それだけ自分の家を高く売ってくれる不動産屋に出会える確率が高いという事です。