太陽光業者に土地を売るメリットとデメリット

太陽光バブルがはじけた今、太陽光業者の倒産が相次いでいます。

そうはいっても、安い土地を求める太陽光業者からは土地売買はまだまだ需要があるそうです。

不動産業者側からすると、太陽光業者に土地を売る仲介はしたくないというのが本音のようです。その理由として一番大きいのがとにかく面倒だということ。そして長々と待たされ、手間ばかりかかった挙句に売れないこともあるそうです。

しかしそれでも田舎の土地の場合、太陽光業者にしか売り先がないような土地もあります。このような場合に知っておいた方がよいメリットとデメリットについて、説明したいと思います。

太陽光業者に土地を売るメリットとデメリット

デメリット

大きなデメリットとして太陽光発電業者と契約したからといって、必ず売れるとは限らないことです。

太陽光業者との契約は「停止条件つきの契約」となります。これは、「何々できたら買う」という条件つきの契約のことです。

太陽光業者の場合に当てはめると、「売電できることになったら土地を買う」という契約になり二つ目として、契約から決済まで、長ければ1年近くも待たなくてはなりません。売れるかどうかわからないにもかかわらず、です。

このように、太陽光業者との契約は、売主さんにとって非常に不利な契約になります。

これを避けるには、契約したとしても、ほかにすぐ買ってくれる人がいるならばそちらに売ってもよいという旨の特約をつける方が無難です。それよりもっとよいのは、確実に買ってもらえる状況になってから契約することです。

メリット

太陽光業者に売るのはデメリットばかりではありません。田舎の広大な山林は、売り先が限られてしまいます。中には、どこにも買ってもらえないような土地もあります。それでも、太陽光業者であれば、日当たりさえよければ買ってもらえる可能性があります。

また、倉庫を建てたりして事業をやりたい、という方に広大な土地を売る場合には、確定測量をしてから引き渡すのが基本です。広大な土地を開発して倉庫などを建てる場合には「開発許可」を得る必要があるのですが、それには確定測量が必須条件だからです。これにはお金がかかります。

ところが太陽光業者に土地を売るのなら、確定測量をせずに引き渡すことも可能です。というのは、太陽光設備の設置には開発許可がいらないからです。

ただ、太陽光業者に土地を売る場合には、長い間待たされることや、その挙句に売れない場合だってあることを十分に理解し、同時並行で別の買主を見つけるようにして下さい。